持続可能な社会への転換期における法と法学 - 日本法社会学会

持続可能な社会への転換期における法と法学 日本法社会学会

Add: isebama16 - Date: 2020-12-02 09:04:46 - Views: 90 - Clicks: 9629

産業社会から持続可能社会への転換は、21世紀社会の最重要課題である。 法律学はこの課題にいかに寄与できるか。 本研究は、市場産業社会を支えた法概念、とりわけ抽象的、観念的に構成された所有権概念を、持続可能な社会関係を支える法的. 持続可能社会への転換期における法と法律学の役割 —アジア・リージョナル法を展望して 1. 沖縄県における若年者の求職活動と雇用対策の課題, 基盤研究(c), 年 ~ 年. 踏まえ~ 第15期の提言から「女性科学研究者の環境改善に関する懇談会(jaicows)の今 日まで 一番ヶ瀬 康子 66~論壇 持続可能な地球環境の保全と社会・パラダイムの転換 原 ひろ子 48~日本学術会議だより 平成8年3月18日. ), Umweltschutz und Recht in Deutschland und Japan, C. 雇用社会の持続可能性と労働法のパラダイ ムの転換, 基盤研究(s), 年 ~ 年. 9 形態: 74p ; 21cm 著者名: 宮本, 憲一(1930-) シリーズ名: 地方自治土曜講座ブックレット ; No. 研究成果概要 日本法社会学会 年度学会全体シンポジウム「持続可能な社会への転換期における法と法学」、企画関連ミニシンポジウム「過少利用時代における所有権論・再考―地域・都市の持続可能性」ならびに「持続可能社会における環境・社会・経済の統合」を企画、実施した。.

早稲田大学法学学術院教授。前早稲田大学法学学術院長、前法学部長 。専門は 法社会学、農業法。 研究テーマは持続可能な社会への転換と法。所属学会は日本法社会学会など。第23-24期民主主義科学者協会法律部会副理事長 。 脚注. 著書 シリーズ地域の再生『地域農業の再生と農地制度』(共著)、編著『持続可能社会への転換と法・法律学』(早稲田大学比較法研究所、年)、論文「ナチス期における所有権思想再考」楜澤他編『民主主義法学と研究者の使命』(日本評論社、年. 3)全体の活動としては、全所的研究プロジェクト「持続可能社会への転換期における法と法律学の役割~アジア・リージョナル法を展望して」を年から継続し、その成果として、年8月に中村民雄編『持続可能な世界への法──Law and Sustainabilityの推進. “Rechtssoziologische Aspekte der Mobilisierung des Rechts im Bereich des Umweltrechts in Japan”, Dieter Leipold (Hrsg. 法の科学 第49号。民主主義科学者協会法律部会氏。日本評論社は1918年創業。法律時報、法学セミナー、数学セミナー、経済セミナー、こころの科学、そだちの科学、統合失調症のひろば、など評価の高い雑誌を定期刊行しています。. 法社会学の課題 - 日本法社会学会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 持続可能な社会への転換期における法と法学 - 日本法社会学会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 日本社会学会大会 年11月2日.

Mueller,, pp. 持続可能社会への転換と法・法学 持続可能な社会への転換期における法と法学 - 日本法社会学会 現代産業社会は「将来世代が自らの必要を満たす能力を損なうことなく、現在世代の必要性を満たすような発展」を実現する持続. 資本主義を超える経済体制の形成に向けて (持続可能な社会への転換期における法と法学) -- (企画関連ミニシンポジウム 持続可能社会における環境・社会・経済の統合) 津田 直則 法社会学 (81), 117-128,. 学会事務局からのお知らせ 年12月14日. 10 形態: x, 257p ; 22cm 著者名:. 家族によって支えられてきた農業のこれから 法学学術院 教授 楜澤 能生(くるみさわ・よしき) 著書に『農地を守るとはどういうことか―家族農業と農地制度― その過去・現在・未来』(農山漁村文化協会、年)、編著『持続可能社会への転換と法・法律学―Law and Sustai. 日本学術会議第20 期の第一部法学委員会におかれた「IT社会と法分科会」 は、平成20 年7 月に、『電子社会における匿名性と可視性・追跡可能性―その 対立とバランス―』と題する報告を公表した。情報の流通と保護のバランスを.

震災復興と地域の持続可能性 復興ガバナンスの観点から (持続可能な社会への転換期における法と法学) -- (企画関連ミニシンポジウム 持続可能社会における環境・社会・経済の統合) 佐藤 岩夫 法社会学 (81), 152-165,. 持続可能な社会への転換期における法と法学 企画趣旨説明 (持続可能な社会への転換期における法と法学) -- (全体シンポジウム) 楜澤 能生 法社会学 (81), 1-12,. 日本法社会学会 | /4/1 単行本 こちらからもご購入いただけます ¥7,405 (3点の中古品). 「法化論の展開と課題」日本法社会学会編『法社会学の新地平』有斐閣, 1998年10月, 34-44頁.

116

持続可能な社会への転換期における法と法学 - 日本法社会学会

email: ymaje@gmail.com - phone:(693) 124-2990 x 7348

実用ラーメン計算便覧 - 岡村雅夫 - 中條純子 発音のしくみと会話の総合演習

-> シェイクスピアを語る - ギルバート・キース・チェスタトン
-> わたしのルネッサンス - 渡辺浩子

持続可能な社会への転換期における法と法学 - 日本法社会学会 - 北中正和


Sitemap 1

裸、じゃない - 島あさひ - 医療用医薬品 医薬情報研究所 ROM付き 識別ハンドブック